豚大学新橋校舎に行ってきました

グルメ

豚大学とは

豚大学とは、神保町と新橋に店舗を構える豚丼専門のお店です。豚丼と言っても、吉野家とかとは違って、焼いて甘辛ダレを絡めたものです。

ちなみにテイクアウトもあります。私が行った時にもテイクアウトの注文が入っていたらしく、テイクアウトの用意をしていました。

豚大学新橋校舎

豚大学新橋校舎は、新橋の駅前にあるニュー新橋ビルにあります。初めての方は分かりにくいかもしれません。ニュー新橋ビルの新橋駅の逆側にあります。「かつや」がある通りです。

座席は、コの字型になっており、カウンターのみの8席くらいです。

卓上には、七味唐辛子とブラックペッパーが置いてあります。

注文方法は、食券制度になっています。

基本メニューは、以下の通り。

豚丼(小)550円
豚丼(中)750円
豚丼(大)950円

豚丼(中)

今回は、豚丼(中)を注文しました。

私がお店についたのは、11時少し前でした。10時30分まで朝定食やっていて、600円で食べれるんですね。今度は10時30分までに来ようっと。。

私がお店に到着して時には、先客1名、後客1名でした。着丼までの時間は5分程度。空いていたので、混んでいる時は、もう少しかかるかも知れません。

私は、少食なので、豚丼(中)いけるかなって、少し心配だったのですが、全然いけました!

しっかり焼いていて、豚の脂が落ちているので、結構ライトに食べられます。後客は150センチないくらいの若い女性でたが、豚丼(中)頼んでいたので、女性でもいけると思います。

豚丼(中)は、こんな感じです。

白米が見えないくらいに豚肉が敷き詰められています。その上に菜の花。食欲が抑えられません。

よく焼いた豚肉に甘辛ダレがよく絡んでいてとても美味しかったです。

少しわかり辛いですが、ご飯にも甘辛ダレがしっかりかかっています。

食べすすめていくと飽きるのですが、そんな時は卓上の七味唐辛子とブラックペッパーの出番です。良いアクセントになります。個人的には、ブラックペッパーの方が合うと思いました。

最後に卓上に書いてあった、豚大学校則(五か条)を書いておきます。

第一条 かき込むべし
第二条 残すべからず
第三条 トッピングを楽しむべし
第四条 元気になって帰るべし
第五条 また来るべし

 

おすすめ記事2

TOP