池袋

池袋
池袋(いけぶくろ)は、東京都豊島区に属する池袋駅を中心とする副都心。東京都豊島区に属する区画の一つ。また豊島区における住所上の地名のひとつにもなっている(住所上の地名としての池袋を参照)。 池袋は、新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つ。池袋駅を中心に巨大な百貨店や専門店、飲食店などが局在する。池袋駅の一日平均乗降者数は約271万人(2007年度)。池袋駅西口および東口駅前に繁華街が広がり、北口および東口サンシャイン通り裏手、同明治通北側一帯には大規模な歓楽街がある。1日に約100万人の集客人員がある。 西口方面には東武百貨店、ルミネ池袋(旧称メトロポリタンプラザ)、東京芸術劇場、池袋西口公園等、東口方面には西武百貨店、池袋パルコ、サンシャインシティ、豊島区役所等がある。 池袋駅が8路線からなる巨大な鉄道ターミナルであるほか、池袋には周縁部を含め明治通り、グリーン大通り、春日通り、要町通り、劇場通り、川越街道などの道路が集まる。
池袋駅
池袋駅(いけぶくろえき)は、東京都豊島区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東武鉄道(東武)・西武鉄道(西武)・東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。 山の手エリア3大副都心の一つ・池袋に位置するターミナル駅。全体の1日平均の利用者数は約258万人であり、年間に直すと約9億4380万人となる、これはアメリカ合衆国の人口の約3倍程度の規模である。各社内の駅の中ではJR東日本は新宿駅に次ぐ第2位、東武・西武・東京地下鉄は第1位の乗客数を誇る。 現在は合わせて8路線が当駅に乗り入れており、東京都西部や埼玉県南西部からの利用客が多く、駅周辺は埼玉県民が多いことで知られている。当駅を中心として、周辺には多くの百貨店が建ち並び、大規模な繁華街・歓楽街が形成されている。 乗り入れ路線 以下の4社が乗り入れるターミナル駅となっている。なお、東武・西武・東京メトロは各路線ごとに駅番号が付与されている。 JR東日本 各線(後述) 東武鉄道 東上本線 - 駅番号「TJ 01」、当駅が起点 西武鉄道 池袋線 - 駅番号「SI01」、当駅が起点、練馬駅で分岐する豊島線の列車も乗り入れる。
池袋副都心
『池袋』より : 池袋(いけぶくろ)は、東京都豊島区に属する池袋駅を中心とする副都心。東京都豊島区に属する区画の一つ。また豊島区における住所上の地名のひとつにもなっている(住所上の地名としての池袋を参照)。 池袋は、新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つ。池袋駅を中心に巨大な百貨店や専門店、飲食店などが局在する。池袋駅の一日平均乗降者数は約271万人(2007年度)。池袋駅西口および東口駅前に繁華街が広がり、北口および東口サンシャイン通り裏手、同明治通北側一帯には大規模な歓楽街がある。1日に約100万人の集客人員がある。 西口方面には東武百貨店、ルミネ池袋(旧称メトロポリタンプラザ)、東京芸術劇場、池袋西口公園等、東口方面には西武百貨店、池袋パルコ、サンシャインシティ、豊島区役所等がある。 池袋駅が8路線からなる巨大な鉄道ターミナルであるほか、池袋には周縁部を含め明治通り、グリーン大通り、春日通り、要町通り、劇場通り、川越街道などの道路が集まる。
池袋ウエストゲートパーク
『池袋ウエストゲートパーク』(いけぶくろウエストゲートパーク)、通称『I.W.G.P.』は、石田衣良の小説シリーズ。第36回オール讀物推理小説新人賞受賞。後にテレビドラマ、コミック化された。 東京の池袋西口公園近くの果物屋の息子・真島 誠(マコト)は、“池袋のトラブルシューター”とも呼ばれ、依頼されて難事件を次々と解決し、住民の幸福と池袋の秩序を維持を目指す。 文体は1人称小説であり、主人公マコトの回想録の形態である。ほぼ全ての作品において、冒頭で謎めいた述懐が読者に語りかけられた後、事件の展開を追うという構成を取っている。舞台となるのは主に池袋で、登場人物は主役脇役を問わず、多くがいわゆる「負け組」や「サイレント・マイノリティ」に分類されるような、周縁的な存在である。 外伝として、本編に登場する「サル」が、マコトではない主人公と共に活躍する『赤(ルージュ)・黒(ノワール)』がある。番外編としては、こちら葛飾区亀有公園前派出所30周年記念企画の一環としての小説版に、「池袋⇔亀有エクスプレス」が収録されている。
池袋ウェストゲートパーク
『池袋ウエストゲートパーク』より : 『池袋ウエストゲートパーク』(いけぶくろウエストゲートパーク)、通称『I.W.G.P.』は、石田衣良の小説シリーズ。第36回オール讀物推理小説新人賞受賞。後にテレビドラマ、コミック化された。 東京の池袋西口公園近くの果物屋の息子・真島 誠(マコト)は、“池袋のトラブルシューター”とも呼ばれ、依頼されて難事件を次々と解決し、住民の幸福と池袋の秩序を維持を目指す。 文体は1人称小説であり、主人公マコトの回想録の形態である。ほぼ全ての作品において、冒頭で謎めいた述懐が読者に語りかけられた後、事件の展開を追うという構成を取っている。舞台となるのは主に池袋で、登場人物は主役脇役を問わず、多くがいわゆる「負け組」や「サイレント・マイノリティ」に分類されるような、周縁的な存在である。 外伝として、本編に登場する「サル」が、マコトではない主人公と共に活躍する『赤(ルージュ)・黒(ノワール)』がある。番外編としては、こちら葛飾区亀有公園前派出所30周年記念企画の一環としての小説版に、「池袋⇔亀有エクスプレス」が収録されている。
池袋サンシャイン
『サンシャインシティ』より : サンシャインシティは、東京都豊島区東池袋三丁目にある、株式会社サンシャインシティが運営する複合商業施設。東京拘置所(巣鴨プリズン)跡地を再開発して建設された。 サンシャインシティは池袋のランドマーク的役割を果たしている。1958年、首都圏整備計画に沿って閣議において東京拘置所の移転が決定されるが、東京都の財政難及び移転先の用地難などから計画の進捗は滞っていた。その後64年10月の東京オリンピックを控え、池袋の再開発計画も俎上に載り、副都心計画(TKプラン)は、民間事業とした上で児童センターを核として事業を進展させることとなった。そして西武百貨店が実務の中心を担い、事業の具体化が進められた。64年1月には、副都心建設を目的とするデベロッパー会社を設立するための発起人会が経済界有志によって結成された。さらに66年度予算において、5ヵ年計画で国庫債務負担を認められ、同年10月、開発母体となる株式会社新都市開発センター(現:サンシャインシティ)が設立された。
池袋餃子スタジアム
『ナムコ・ナンジャタウン』より : ナンジャタウン(NAMJATOWN / NAMCO NAMJATOWN)は、アミューズメントスポット事業会社ナムコが運営する屋内型テーマパーク。1996年7月6日に東京・池袋のサンシャインシティに開園した。開園当初の正式名称は「ナムコ・ナンジャタウン」だったが、2013年7月の大幅リニューアルにより、正式名称を「ナンジャタウン」に変更している(詳細は後述) パークのテーマは「思い出とオドロキとトキメキの街」。なお、開園当初のパークのテーマは、「思い出とトキメキのテーマパーク」だった。 バックストーリー 開園当初のナンジャタウンはディズニーランドのようなテーマ性の高い遊具やアトラクションを中心とした構成だった。 2001年10月23日にセガ(後のセガ・ライブクリエイション)が運営する東京ジョイポリスと“遊好姉妹都市”を締結した。 2002年7月19日にナンジャタウン内の「福袋七丁目商店街」に「池袋餃子スタジアム」がオープンして以降、ナンジャタウンはフードテーマパークとしての色彩を強めていった。
池袋電車区
『東京総合車両センター』より : 池袋運転区(いけぶくろうんてんく)は、東京都豊島区にある東日本旅客鉄道(JR東日本)東京支社の運転士が所属する組織であった。2008年12月、池袋運輸区に業務が移管され、廃止された。 なお、本稿では池袋発着列車の検修を担当する池袋運転区池袋派出(いけぶくろうんてんくいけぶくろはしゅつ)と国鉄時代の池袋電車区(いけぶくろでんしゃく)についても記載する。 池袋派出 池袋駅北方の東武東上線北池袋駅付近にあり、池袋駅発着の本線営業列車の検修業務を担当している。 かつては池袋電車区という独立組織で、山手線・赤羽線で運用される101系や103系などの電車が配置されていた。103系については、山手線向けの量産初期車をはじめとして、試作冷房車編成、新製冷房第一期車、ATC対応車、赤羽線向けMMユニット最終グループなどが配置された。 しかし、国鉄分割民営化を前に山手線用の車両を山手電車区へ移管して以来、車両配置はない。その後は池袋駅に発着する電車の留置線となっており、山手線用E231系のほか、埼京線用205系、E233系電車、「成田エクスプレス」用253系が留置され、仕業検査が実施されていた。
池袋本町
池袋本町(いけぶくろほんちょう)は、東京都豊島区の町名。人口は14,841人(2008年12月1日現在。住民基本台帳より)。<br/>郵便番号は170-0011。<br/>池袋本町は同区池袋 (豊島区) 池袋、上池袋、板橋区中丸町、熊野町 (板橋区) 熊野町、大山金井町、板橋 (板橋区) 板橋、北区 (東京都) 北区滝野川 (東京都北区) 滝野川と接している。<br/>東武東上本線 東武東上線の北池袋駅と下板橋駅があり、池袋北部の閑静な住宅街である。<br/> 川越街道(国道254号)<br/> 東京都道317号環状六号線(山手通り)<br/> 首都高速5号池袋線 首都高速道路5号池袋線(北池袋出入口)<br/> 首都高速中央環状線#中央環状新宿線 首都高速道路中央環状新宿線(熊野町ジャンクション)<br/> 東武東上本線 東武東上線北池袋駅(池袋本町1丁目)<br/>
池袋警察署
池袋警察署(いけぶくろけいさつしょ)は、警視庁が管轄する警察署の一つである。<br/>東京都豊島区の池袋副都心一帯及び周辺の住宅街、商業街、ビジネス街を主要管轄地としている。都内でも有数の繁華街も管轄することから警備面では非常に強化されており、路上検問・職務質問なども盛ん。建物は警視庁池袋通告センターも兼ねており新しい。<br/> 東京都豊島区西池袋1丁目7番5号<br/>池袋警察署は基本的に東京の副都心を管轄しているので署の格付けでは警視庁大規模警察署の分類に入る。この為、警察署長には警視ではなく警視正が就く。署員数は1,000名以上おり警察署組織としても大規模分類に入る。<br/>新宿警察署、渋谷警察署、浅草警察署など副都心や大都市を管轄する警察署は基本的に施設格が大きい。<br/>
池袋西口公園
座標: 北緯35度43分49.04秒 東経139度42分32.67秒 / 北緯35.7302889度 東経139.7090750度 / 35.7302889; 139.7090750 豊島区立池袋西口公園(としまくりついけぶくろにしぐちこうえん)は、東京都豊島区にある区立の公園。池袋駅西口バスターミナルに隣接する。住所は東京都豊島区西池袋一丁目8番26号。英語名はIkebukuro Nishiguchi Park。 園内 公園の中央には噴水があり、夜間にはライトアップされている。また、公園内には人などをかたちどったオブジェが複数配置されており、芸術劇場前の公園に相応しい雰囲気を作り出している。地面は、ほとんどがタイルで覆われている。 ホームレスの姿は少ない。主に若い世代が劇場のガラス壁面を鏡に見立てて劇場閉場後に舞踊の練習をしている。 開園は1970年(昭和45年)。1908年(明治41年)設立の豊島師範学校の跡地につくられた。戦争後この地には闇市ができ、その後も長い間市場として使われていた。
池袋演芸場
池袋演芸場(いけぶくろえんげいじょう)は、東京都豊島区・池袋駅前・西一番街中央通り入口にある寄席である。都内に4軒ある落語定席の一つで、落語を中心に、漫才、手品などの色物芸が多数執り行われている。城北興業株式会社の経営である。 池袋は戦後遅くに発展した、歴史の浅い新興の商業地であり、伝統的に客足が悪い。落語協会の落語家が、「人が誰も居ないさま」「客が全く入らないさま」を「まるで池袋の芸協のようだ」と形容することがある。当寄席は地下室であり、あたかも客数人に対して密談をするような形になることから「池袋秘密倶楽部」という異名がある。当寄席の裏手には池袋歓楽街が広がっている。 旧池袋演芸場 1951年(昭和26年)に開場。もともとは映画館『池袋ピース座』の三階にあり、全席畳席であった。 客が全く入らず、1970年(昭和45年)に席亭は閉鎖を検討するも、落語協会・6代目三遊亭圓生会長の説得により存続が決まり、以降は落語協会専門の定席となる。
池袋児童の村小学校
池袋児童の村小学校(いけぶくろじどうのむらしょうがっこう)は大正期に存在した、大正自由教育運動を代表する学校の一つ。 野口援太郎が教育の世紀社(下中弥三郎、志垣寛、為藤五郎などが設立、教育雑誌『教育の世紀』を刊行)を母体に創設した学校で、1924年(大正13年)4月に開校した。児童中心主義に立ち、教科や時間割の枠に拘泥せず、子供と教師の生活共同体的な学びの場を目指した。 教員 訓導として呼ばれた野村芳兵衛が、この短命に終わった学校での実践記録を多く残している。同僚の教員には、上田庄三郎(のち、教育評論家。上田耕一郎、不破哲三の父)、小砂丘忠義(ささおかただよし。生活綴方実践家)、志垣寛もいた。 影響 この学校を手本として1925年(大正14年)、桜井祐男が関西に芦屋児童の村小学校を、また上田庄三郎が雲雀ヶ岡児童の村(神奈川県・茅ヶ崎)を運営したが、本学校より早く消滅している。
池袋谷原線
『東京都道441号池袋谷原線』より : 東京都道441号線池袋谷原線(とうきょうとどう441ごう いけぶくろやはらせん)は、東京都豊島区と練馬区を結ぶ特例都道である。 起点・終点 起点:池袋六ツ又陸橋交差点 - 国道254号(春日通り・川越街道)、明治通り(東京都道305号芝新宿王子線)、東京都道435号音羽池袋線 終点:谷原交差点 - 東京都道8号千代田練馬田無線、東京都道24号練馬所沢線、東京都道443号南田中町旭町線 通過する自治体 東京都 豊島区 板橋区 練馬区 通称 池袋大橋(起点 - 池袋駅北口) 要町通り(池袋駅西口 - 武蔵野病院前交差点) 正久保通り(旧埼玉道:名称なし交差点(氷川台駅前) - 平和台駅前交差点) 環八通り(旧富士街道、旧ふじ大山道:平和台駅前交差点 - 練馬春日町駅付近)(東京都道311号環状八号線との重複区間) 富士街道(旧ふじ大山道:練馬春日町駅付近 - 終点) 重複区間 平和台駅前交差点 - 練馬春日町駅付近(東京都道311号環状八号線) 未成区間 武蔵野病院前交差点 - 氷川台駅前間(東京都市計画道路放射第36号線として現在建設計画中) 狭隘区間 練馬春日町駅手前 - 谷原交差点(終点) 交差する主な道路 東京都道317号環状六号線(要町駅前交差点) 東京都道420号鮫洲大山線(要町三丁目交差点) 東京都道318号環状七号線(武蔵野病院交差点) 東京都道311号環状八号線(平和台駅前交差点) (この間重複区間につき略→東京都道311号環状八号線を参照) 東京都道311号環状八号線(練馬春日町駅手前) 東京都道443号南田中町旭町線(練馬春日町交差点) 主な駅 池袋駅(JR埼京線・山手線・湘南新宿ライン、東京メトロ副都心線、東京メトロ丸ノ内線、東京メトロ有楽町線、東武東上線、西武池袋線)東京メトロ副都心線、東京メトロ有楽町線 要町駅 千川駅 小竹向原駅 氷川台駅 平和台駅 関連項目 東京都の都道一覧 東京メトロ有楽町線 東京メトロ副都心線。
池袋通り魔殺人事件
池袋通り魔殺人事件(いけぶくろとおりまさつじんじけん)は、1999年(平成11年)9月8日に発生した通り魔事件。 1999年9月8日午前11時40分頃、東京都豊島区東池袋の東急ハンズ前で当時23歳の男Zが包丁と金槌で通行人を襲い、2人(66歳女性と29歳女性)が死亡し、6人が重軽傷を負った。 被告人の人生・犯行動機 Zは岡山県倉敷市に生まれ、両親、兄との4人で生活していた。3歳で一家が引越しし、児島郡灘崎町(現:岡山市南区)で育った。 Zが小学校高学年の頃から、両親はギャンブルに溺れるようになった。父が親の遺産を相続し、大金を手にしたのがその原因であった。Zが中学生になると両親のギャンブル癖は悪化の一路を辿ったが、中学3年の時、勉強に打ち込んだ成果があって、進学校とされる高校に入学した。 高校時代は影が薄くて目立たない生徒だと言われていたが、成績は優秀だった。しかし、両親の賭博は止むことはなく、ついには数千万円の借金を残して失踪。残された彼の家には借金取りが連日のように押しかけてくるようになった。
池袋運転区
池袋運転区(いけぶくろうんてんく)は、東京都豊島区にある東日本旅客鉄道(JR東日本)東京支社の運転士が所属する組織であった。2008年12月、池袋運輸区に業務が移管され、廃止された。 なお、本稿では池袋発着列車の検修を担当する池袋運転区池袋派出(いけぶくろうんてんくいけぶくろはしゅつ)と国鉄時代の池袋電車区(いけぶくろでんしゃく)についても記載する。 池袋派出 池袋駅北方の東武東上線北池袋駅付近にあり、池袋駅発着の本線営業列車の検修業務を担当している。 かつては池袋電車区という独立組織で、山手線・赤羽線で運用される101系や103系などの電車が配置されていた。103系については、山手線向けの量産初期車をはじめとして、試作冷房車編成、新製冷房第一期車、ATC対応車、赤羽線向けMMユニット最終グループなどが配置された。 しかし、国鉄分割民営化を前に山手線用の車両を山手電車区へ移管して以来、車両配置はない。その後は池袋駅に発着する電車の留置線となっており、山手線用E231系のほか、埼京線用205系、E233系電車、「成田エクスプレス」用253系が留置され、仕業検査が実施されていた。
池袋駅構内大学生殺人事件
池袋駅構内大学生殺人事件(いけぶくろえきこうないだいがくせいさつじんじけん)とは1996年4月11日、東京都豊島区の東日本旅客鉄道(JR東日本)池袋駅構内で発生した殺人事件である。警視庁による正式名称は「JR池袋駅山手線ホーム上立教大生殺人事件」。この事件では被害者の父親が賞金を懸け情報を収集するなどしているが、未解決事件となっている。また事件は大勢に目撃されており、現場となった池袋駅には目撃者の証言などを基に作成された犯人の似顔絵が貼られている。 なお本項では、当事件の遺族が結成した犯罪被害者家族の会(ポエナ)についても扱う(後節参照)。 事件の概要 1996年4月11日午後11時30分頃、池袋駅の山手線外回り7・8番線ホームで当時立教大学の学生であった男性(当時21歳)が男に絡まれ、顔を殴られ転倒した際に後頭部を強打し、5日後に収容先の病院で死亡した。
池袋ウエストゲートパーク (テレビドラマ)
『池袋ウエストゲートパーク』(いけぶくろウエストゲートパーク)は、2000年4月14日から6月23日まで毎週金曜日21:00 - 21:54に、TBS系で放送された日本のテレビドラマ。主演は長瀬智也。脚本は宮藤官九郎。チーフ演出は堤幸彦。通称およびドラマ内での愛称は「I.W.G.P.」。 原作は石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』だが、キャラクター設定が大きく異なるほか、本ドラマでは小ネタを随所に織り込む演出が行われた。 放送終了後、窪塚洋介、山下智久、妻夫木聡、坂口憲二、小雪、佐藤隆太、阿部サダヲら出演者の人気が急上昇した事に加え、深夜での再放送が高視聴率であったことも手伝って、「もう一度みたい」という声が多く寄せられた。やや過激な表現が多かったためか、地方局等での再放送は、深夜帯に行われていることが多かった。この作品を機に、酒井若菜、森下愛子、佐藤、窪塚などはその後の宮藤脚本作品の多くに出演するようになった(窪塚は映画中心)。また、阿部を始めとする脚本家の宮藤と同じ劇団「大人計画」所属俳優の出演も多い。
池袋脱法ハーブ暴走事故
池袋危険ドラッグ吸引RV暴走死亡事故(いけぶくろ きけんドラッグきゅういん RVぼうそうしぼうじこ)とは、2014年(平成26年)6月24日に東京都豊島区池袋で発生した自動車暴走事故。 2014年(平成26年)6月24日午後7時55分頃、池袋駅西口付近の路上で、暴走したRVが歩行者に突っ込み次々にはねた。これにより中国人の飲食店店員の女性が死亡、6人が重軽傷を負った。運転手は脱法ハーブを吸った直後に運転し、意識が朦朧とした状態で事故を起こした。運転手は自動車運転処罰法違反容疑で現行犯逮捕され、逮捕時よだれを垂らしていた。 影響 東京都知事の舛添要一は6月30日の定例会見で、取り締まりを強化する考えを示した。豊島区では7月4日に区議会定例会で「違法ドラッグ・脱法ドラッグ撲滅都市宣言」が全会一致で可決された。この宣言では、違法ドラッグ・脱法ドラッグを許さないと明記し、このような事故を二度と繰り返さないという意思が表明された。7月5日には事故現場の近くで違法ドラッグの撲滅を訴える集会が行われ、約1000人の参加者が集まった。
池袋ミカド劇場
池袋ミカド劇場(いけぶくろミカドげきじょう)は、東京都豊島区東池袋にあるストリップ劇場。客席数32席。通称ミカド。 1967年(昭和42年)5月21日開館。池袋駅から徒歩3分という交通の便の良さから、支持する観客は多く人気も高い。 もともとは外人ショーが主流だったが、現在は天板ショー1名+日本人ストリッパー5名の編成に統一されている。現在は天板がある場合とない場合があり、全員で5名となっていたが、経営陣が変わって6名に戻った。 広い本舞台とは対照的に、デベソ(盆)は非常に狭く、出演者の多くは本舞台上で全てのステージを演じることを余儀なくされる。ステージの装飾は赤・青・紫と色とりどりで、鮮やかに見える。 2003年(平成15年)9月19日から2004年(平成16年)5月15日まで一時休館したが、現在は営業再開されている。2011年1月21日より、経営陣が新宿TSミュージックに替わり、現在は直属の踊り子はいない。 外部リンク 池袋ミカド劇場。

API提供:SimpleAPI:WikipediaAPI