新宿

新宿
新宿(しんじゅく)は、東京都新宿区南西部と一部渋谷区にまたがる新宿駅を中心とした歓楽街・オフィス街であり、渋谷・池袋と並ぶ3大副都心の一つである。江戸時代は甲州道中の宿駅(内藤新宿)として栄え、近代以降は関東大震災を契機に繁華街として成長している。町名としては新宿一丁目から新宿七丁目が存在する。 武蔵野台地の東方に位置し、甲州道中の宿駅(内藤新宿)として栄えた。明治維新後に鉄道駅が置かれたが、繁華街として本格的な発展を遂げたのは、関東大震災後のことである。すなわち、銀座や浅草などの下町に比べて新宿は表層地盤が非常に強く被害が軽微であり、震災後に人口が激増した西部郊外にとって当時の中央線が都心に乗換えなしに行ける唯一の鉄道であったことから、私鉄各線からの乗り換え需要で新宿に交通が集中するようになり、昭和初期には、都内有数の一大歓楽街となったのである。
新宿区
新宿区(しんじゅくく)は、東京都の特別区のひとつで、23区西部に区分される。 郵便番号(上3桁)160・161・162・163・169 東京都に23存在する特別区の一つであり、23区の中央やや西側に位置する。かつての35区が22区(のち23区)に移行した1947年(昭和22年)に発足した区であり、行政機構としての歴史は比較的浅い。また、3つの区が「寄り合い所帯」となって誕生した経緯から、個性に富んだ地域が区内に点在する。 1991年(平成3年)より東京都庁は同区に位置する。ただし新宿区を含む特別区は特別地方公共団体にあたり、通常の市町村(普通地方公共団体)とは異なるため、都庁所在地は「東京」(旧東京市の総称として)と表記することになっている。 古くは甲州街道の通り道として栄えた新宿駅周辺は日本有数の繁華街が形成されており、新宿駅は鉄道各路線のターミナルのため昼夜の人口増減が特に著しい。新宿駅南部は新宿御苑や明治神宮外苑があり緑が豊富である。また都心のベッドタウンとして人口が急激に増えた北部の落合地区は住宅地となっている。
新宿高速バスターミナル
『新宿駅』より : 新宿高速バスターミナル(しんじゅくこうそくバスターミナル)は、東京都新宿区西新宿にある京王電鉄バスが運営するバスターミナルである。主に京王グループや共同運行会社の高速バスの臨時便が発着する。新宿西口高速バスターミナルと表記される場合もある。 新宿駅西口からほど近い、旧安田生命第2ビル1階に1971年4月5日に開設された。その後の幾度かの改称を経て当ビルはMY新宿第2ビルという名称となった。2010年にはヨドバシカメラが当ビルを取得し、ターミナルと同じ1階には別館となる携帯・スマートフォン売り場などを出店した。 建物を保有するヨドバシカメラには道路を挟んだ向かいにある新宿西口本店と一体的に建て替える構想があり、この計画が実現すると建物は取り壊されることになる。 バスタ新宿開業後 当バスターミナルから発車してきた路線は、原則として2016年4月4日に運用が開始された新宿駅新南口のバスタ新宿からの発車に変更された。
新宿駅
新宿駅(しんじゅくえき)は、東京都新宿区・渋谷区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・京王電鉄・小田急電鉄・東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局(都営地下鉄)の駅である。 東京の副都心・新宿に位置するターミナル駅である。1885年(明治18年)に日本鉄道により現在の山手線が開業したのが当駅の始まりである。4年後の1889年(明治22年)には南豊島郡淀橋町となる。開業時から新宿を副都心にする計画が発表されるまでは当駅周辺はまだ街の外れであり利用客は少ないものだったが、大正期に入り次第に市街地が拡大するにつれ、多くの私鉄が乗り入れるようになる。ターミナルとなって周辺が発展するにつれて利用客は増え続け、1931年には私鉄や国鉄などを合わせた利用者数で日本一になった。そして、1966年(昭和41年)の乗車人数では、国鉄池袋駅の41万67人を抜いて、当駅が41万69人と日本一になっている。さらに1960年代から当駅西側一帯で進められた新宿副都心計画によって、70年代には多くの超高層ビルが建てられ利用者の増加に拍車がかかった。
新宿わかしお
『わかしお (列車)』より : わかしおは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が東京駅 - 上総一ノ宮駅・勝浦駅・安房鴨川駅間を京葉線・外房線経由で運行する特急列車である。 本項では、外房線で運転されていた優等列車の沿革についても記述する。 特急「わかしお」は、 1972年7月15日に総武快速線の東京駅乗り入れと、房総東線(現外房線)蘇我駅 - 安房鴨川駅間が電化されたことにより、東京駅 - 安房鴨川駅間を総武本線・外房線経由で運転を開始し、下り6本と上り5本(このほか季節列車3往復が設定され、このうち1往復は八王子駅発着で運転されていた)が設定され、同年10月にエル特急に指定された。 1982年11月15日に房総地区の急行列車を全廃して「わかしお」に統合した。1991年3月16日には特急「成田エクスプレス」が総武本線で運転されることにより、「わかしお」の東京駅 - 蘇我駅間は京葉線経由に変更して運転されるようになった。こののち、「ホームタウンわかしお」や「ビューわかしお」「おはようわかしお」などが運転されたが、列車名は2005年12月10日の改正で「わかしお」に統一されている。
新宿副都心
『西新宿』より : 西新宿(にししんじゅく)は、東京都新宿区内の地域名・町名。郵便番号は160-0023。 西新宿の範囲は新宿駅の西口から、渋谷区と中野区の区境付近までで、日本でも屈指のターミナル駅である新宿駅の西側一帯の地域である。繁華街のほか新宿新都心(副都心)と呼ばれる超高層ビル街がある。超高層ビル群は日本最大級のオフィス街を形成しているが、周辺には再開発されていない古くからの住宅街も存在する。 西新宿の名の由来は、新宿地区の西に位置することからであるが、この名称になったのは1970年(昭和45年)の住居表示が実施されてからで、それ以前この地の大半(西新宿一 - 六丁目)は角筈(つのはず)と呼ばれていた。これはかつての角筈村の範囲、南豊島郡淀橋町発足後は大字角筈の範囲に基づく。また青梅街道の北側(西新宿七 - 八丁目)は柏木(かしわぎ)一丁目と呼ばれていた。これらの地名は、新宿区特別出張所やバス停の名称などに未だに見られる。また、新町(しんまち)・成子(なるこ)町・十二社(じゅうにそう)・辻・幡谷前・豊水・添地町・五十人町といった字(あざな)も過去にみられ、いずれも史跡やバス停などの名称、現地の通称として残っているものもある。
新宿新都心
『西新宿』より : 西新宿(にししんじゅく)は、東京都新宿区内の地域名・町名。郵便番号は160-0023。 西新宿の範囲は新宿駅の西口から、渋谷区と中野区の区境付近までで、日本でも屈指のターミナル駅である新宿駅の西側一帯の地域である。繁華街のほか新宿新都心(副都心)と呼ばれる超高層ビル街がある。超高層ビル群は日本最大級のオフィス街を形成しているが、周辺には再開発されていない古くからの住宅街も存在する。 西新宿の名の由来は、新宿地区の西に位置することからであるが、この名称になったのは1970年(昭和45年)の住居表示が実施されてからで、それ以前この地の大半(西新宿一 - 六丁目)は角筈(つのはず)と呼ばれていた。これはかつての角筈村の範囲、南豊島郡淀橋町発足後は大字角筈の範囲に基づく。また青梅街道の北側(西新宿七 - 八丁目)は柏木(かしわぎ)一丁目と呼ばれていた。これらの地名は、新宿区特別出張所やバス停の名称などに未だに見られる。また、新町(しんまち)・成子(なるこ)町・十二社(じゅうにそう)・辻・幡谷前・豊水・添地町・五十人町といった字(あざな)も過去にみられ、いずれも史跡やバス停などの名称、現地の通称として残っているものもある。
新宿高校
『東京都立新宿高等学校』より : 東京都立新宿高等学校(とうきょうとりつ しんじゅくこうとうがっこう)は、東京都新宿区内藤町に所在する都立高等学校。 1921年に開校した東京府立第六中学校を前身とする東京都立高等学校。2003年より進学重視型単位制に移行。土曜授業の復活や、年間2,000時間に及ぶ講習・補習の実施、主要教科の多くで習熟度別授業を実施している。進学指導では国立大学への現役合格を前面に打ち出している。2007年度より国公立大学進学に更に重点をおくため設置されていた、「国公立対応Ⅱクラス」は、生徒全体の国公立大学志望傾向より、あえて設置する必要性がないとして2012年度より発展的解消をした。新宿駅に近く、通学圏が都内広域にわたるため受験倍率は例年高い。入試においては国語・数学・英語の3科目で自校作成問題を出題している。創立以来の「文武両道」の伝統を脈々と受け継ぎ、部活動、学校行事が盛んである。中でも水泳部や囲碁将棋同好会は強豪であり、囲碁将棋同好会は2014年、個人戦で第8回全国高等学校囲碁選抜大会へ出場した。
新宿高等学校
『東京都立新宿高等学校』より : 東京都立新宿高等学校(とうきょうとりつ しんじゅくこうとうがっこう)は、東京都新宿区内藤町に所在する都立高等学校。 1921年に開校した東京府立第六中学校を前身とする東京都立高等学校。2003年より進学重視型単位制に移行。土曜授業の復活や、年間2,000時間に及ぶ講習・補習の実施、主要教科の多くで習熟度別授業を実施している。進学指導では国立大学への現役合格を前面に打ち出している。2007年度より国公立大学進学に更に重点をおくため設置されていた、「国公立対応Ⅱクラス」は、生徒全体の国公立大学志望傾向より、あえて設置する必要性がないとして2012年度より発展的解消をした。新宿駅に近く、通学圏が都内広域にわたるため受験倍率は例年高い。入試においては国語・数学・英語の3科目で自校作成問題を出題している。創立以来の「文武両道」の伝統を脈々と受け継ぎ、部活動、学校行事が盛んである。中でも水泳部や囲碁将棋同好会は強豪であり、囲碁将棋同好会は2014年、個人戦で第8回全国高等学校囲碁選抜大会へ出場した。
新宿さざなみ
『さざなみ (列車)』より : さざなみとは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が東京駅 - 君津駅間を京葉線・内房線経由で運行している特急列車である。 本項では、房総西線⇒内房線で運転されていた優等列車の沿革についても記述する。 特急「さざなみ」は、1972年7月15日に運転を開始し、当初は、新宿駅・東京駅 - 館山駅・千倉駅間を中央本線(新宿駅始発・終着列車のみ)・総武本線・外房線・内房線経由で運転され、同年10月のダイヤ改正でエル特急に指定された。房総半島方面への特急列車は、同日から「わかしお」も運転され、「わかしお」は外房線経由で運転された。 1982年11月15日に房総地区の急行列車を全廃して「さざなみ」が増発された。1991年3月19日に特急「成田エクスプレス」の運転開始により、東京駅 - 蘇我駅間は3月16日から京葉線経由に変更された。 「ビューさざなみ」「ホームタウンさざなみ」「おはようさざなみ」なども運転されたが、2005年12月10日に列車愛称は「さざなみ」に統一された。
新宿鮫シリーズ
新宿鮫シリーズ(しんじゅくざめシリーズ)は、大沢在昌のハードボイルド小説シリーズ。映画、テレビドラマ、漫画化もされている。<br/>新宿警察署 新宿署の鮫島警部を主人公とする警察小説のシリーズ。現実の警察の捜査はチームで行われるという制約を壊すために、キャリア警察官が警察内部の抗争にまきこまれて、はぐれ状態になっているという設定である。下記の作品があるが、1作ごとに違った試みがされている。<br/>小説世界の時系列では、『灰夜』は、『氷舞』と『風化水脈』の間に位置する。通し番号の順番が発表順と異なるのはこのためである。<br/> 新宿鮫<br/> * 1990年 光文社カッパノベルス / 1997年 光文社文庫<br/> * 吉川英治文学新人賞、平成3年度日本推理作家協会賞受賞作<br/>
新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件
新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件(しんじゅくかぶきちょうラブホテルれんぞくさつじんじけん)は、1981年(昭和56年)3月から6月にかけて、東京都新宿区歌舞伎町2丁目のそれぞれ別のラブホテルで3人の女性が殺害された、連続殺人事件である(#事件の共通項も参照)。 歌舞伎町ラブホテル殺人事件、新宿ラブホテル殺人事件、ラブホテル殺人事件とも言う。 第一の事件 1981年3月20日午前10時頃、ホテルAで発覚。 発覚までの流れ 男女2人でチェックイン。 男が先に出る。 チェックアウトの時間が迫っているのに、その様子もなく、内線電話にも応対しない。 不審に思った従業員が部屋を覗いたところ、中年女性の絞殺死体があるのを発見。 捜査 部屋にあった名刺から、歌舞伎町のキャバレーに勤めていた33歳のホステスと身元が判明した。 しかし、彼女のアパートを捜査したところ、名刺の名前は偽名(源氏名)であった。また、年齢も実際には45歳であったことが判明した。 彼女は、夫と子供が相次いで亡くなる少し前に家出し、歌舞伎町のキャバレーに勤めるようになっていた。
新宿二丁目
新宿二丁目(しんじゅくにちょうめ)は、東京都新宿区新宿にある丁目である。 面積105,238.5 ㎡。2015年(平成27年)1月1日現在の住民基本台帳人口は1213人(男691、女522)、890世帯となっている。戸建住宅はごくわずかに残るのみとなっているものの、マンションが多く一定の住民がいる。建設後年数が経過した雑居ビルが多く立ち並ぶ界隈となっているが、低層階が店舗やオフィス・上層階が住居という形式のマンションの建設やオフィスビルの新築・建て替えも進んでおり、人口は単身者を中心に微増傾向にある。 ゲイタウンとしての通称はニチョ、二丁目。新宿区の行政区域では四谷特別出張所所管区域の西地域(新宿一丁目・二丁目・四丁目・五丁目)である。現在の新宿二丁目の区域は1973年(昭和48年)1月1日及び1979年(昭和53年)1月1日の住居表示施行により成立したものであり、それ以前は現在の新宿三丁目の東端の一部や新宿五丁目の南側の一部を含み、東側の一部を含まない区域であった。
新宿2丁目
『新宿二丁目』より : 新宿二丁目(しんじゅくにちょうめ)は、東京都新宿区新宿にある丁目である。 面積105,238.5 ㎡。2015年(平成27年)1月1日現在の住民基本台帳人口は1213人(男691、女522)、890世帯となっている。戸建住宅はごくわずかに残るのみとなっているものの、マンションが多く一定の住民がいる。建設後年数が経過した雑居ビルが多く立ち並ぶ界隈となっているが、低層階が店舗やオフィス・上層階が住居という形式のマンションの建設やオフィスビルの新築・建て替えも進んでおり、人口は単身者を中心に微増傾向にある。 ゲイタウンとしての通称はニチョ、二丁目。新宿区の行政区域では四谷特別出張所所管区域の西地域(新宿一丁目・二丁目・四丁目・五丁目)である。現在の新宿二丁目の区域は1973年(昭和48年)1月1日及び1979年(昭和53年)1月1日の住居表示施行により成立したものであり、それ以前は現在の新宿三丁目の東端の一部や新宿五丁目の南側の一部を含み、東側の一部を含まない区域であった。
新宿ソフト
社名 株式会社新宿ソフト <br/>英文社名 <br/>種類 有限会社 <br/>市場情報 <br/>略称 新宿ソフト <br/>郵便番号 <br/>本社所在地 東京都新宿区新宿5-10-6 (登記上の本社)<br/>電話番号 <br/>設立 1989年9月27日 <br/>業種 不動産・アミューズメント事業 <br/>統一金融機関コード <br/>SWIFTコード <br/>事業内容 インターネットカフェ、テレクラビデオボックスなどのチェーン運営等 <br/>代表者 森下景一 <br/>専務 森雅人 <br/>資本金 1千万円 <br/>売上高 350億円 <br/>総資産 <br/>
新宿駅西口~よみうりランド線 (小田急バス)
『小田急シティバス』より : 小田急シティバス株式会社(おだきゅうシティバス、Odakyu City Bus Co.Ltd.)は、小田急グループのバス事業者である小田急バスの全額出資により、2000年(平成12年)2月に設立された同社の子会社である。同年8月から、小田急バスより高速バス路線の移管を受け営業を開始し、翌2001年(平成13年)1月より若林営業所管内の一般路線の運行管理を受託している。観光バスの運行も小田急バスから移管を受けている。 本社は、小田急バス若林営業所と同じ東京都世田谷区若林2丁目37番3号にあり、シティバスとしては同位置に世田谷営業所を有している。営業所周辺には一部出庫便を除いて自社路線が存在せず、最寄りバス停は東急バス「若林」(渋52系統)である。所属車両のナンバープレートは品川ナンバーまたは世田谷ナンバーとなっている。 沿革 1950年(昭和25年)11月11日 - 小田急バス若林営業所として開設(参考掲載)。 2000年(平成12年) 2月1日 - 小田急シティバス設立。 8月1日 - 小田急バスより高速バス路線を移管。
新宿・東京 - 常陸太田線
ファイル:Ibarakikotsu-1729.jpg 250px thumb 茨城交通「新宿~常陸太田線」(現在の車両)(2009年7月3日撮影)<br/>新宿・東京 - 常陸太田線(しんじゅく・とうきょう - ひたちおおたせん)は、新宿駅 新宿駅新南口・東京駅 東京駅八重洲南口と常陸太田市 常陸太田市高速バスターミナルを結ぶ高速バスである。<br/>交通新聞社「高速バス時刻表」やインターネットの予約システム「高速バスネット」では常陸太田号という愛称が設定されているバスラマ・インターナショナル48号「バス事業者訪問・ジェイアールバス関東」においても「常陸太田号」と記載されている。。<br/>なお、当路線は新宿駅新南口JRバスのりば(1999年頃までは「新宿駅南口」と案内)に乗り入れた最初の昼行高速バス(夜行便を含めてもドリーム大阪号 ドリーム堺号〈当時〉に次ぐ2番目)である。<br/>
新宿山吹高等学校
『東京都立新宿山吹高等学校』より : 東京都立新宿山吹高等学校(とうきょうとりつしんじゅくやまぶきこうとうがっこう)は、東京都新宿区山吹町にある都立高等学校。 平成に入って東京都が創設したいくつかの新しいタイプの実験高校のうち、無学年制の定時制、単位制高校として旧赤城台高校跡地に開校した。学校の組織や教員からの消極的自由を徹底し、自由主義的かつ個人主義的な校風で、校則などはなく、私服校である。特に、たとえ未成年であっても保護者からの干渉を排除した生徒個人の自己責任による独立した自己決定を徹底する。 新しいタイプの実験高校としては、無学年制や定時単位制だけでなく、それまで受け入れ先がなかった他高校中退者向の救済機関としての学校としても設立された経緯があり、そのことによる幅広い年齢層は、現在まで学校の伝統として続いている。 普通科と情報科の2学科の定時制は月曜から金曜までの平日、通信制のスクーリングは土曜日に行われ、これらの授業とは別に、一般向けの生涯学習講座も土曜と日曜に開講されている。
新宿山吹高
『東京都立新宿山吹高等学校』より : 東京都立新宿山吹高等学校(とうきょうとりつしんじゅくやまぶきこうとうがっこう)は、東京都新宿区山吹町にある都立高等学校。 平成に入って東京都が創設したいくつかの新しいタイプの実験高校のうち、無学年制の定時制、単位制高校として旧赤城台高校跡地に開校した。学校の組織や教員からの消極的自由を徹底し、自由主義的かつ個人主義的な校風で、校則などはなく、私服校である。特に、たとえ未成年であっても保護者からの干渉を排除した生徒個人の自己責任による独立した自己決定を徹底する。 新しいタイプの実験高校としては、無学年制や定時単位制だけでなく、それまで受け入れ先がなかった他高校中退者向の救済機関としての学校としても設立された経緯があり、そのことによる幅広い年齢層は、現在まで学校の伝統として続いている。 普通科と情報科の2学科の定時制は月曜から金曜までの平日、通信制のスクーリングは土曜日に行われ、これらの授業とは別に、一般向けの生涯学習講座も土曜と日曜に開講されている。
新宿山吹
『東京都立新宿山吹高等学校』より : 東京都立新宿山吹高等学校(とうきょうとりつしんじゅくやまぶきこうとうがっこう)は、東京都新宿区山吹町にある都立高等学校。 平成に入って東京都が創設したいくつかの新しいタイプの実験高校のうち、無学年制の定時制、単位制高校として旧赤城台高校跡地に開校した。学校の組織や教員からの消極的自由を徹底し、自由主義的かつ個人主義的な校風で、校則などはなく、私服校である。特に、たとえ未成年であっても保護者からの干渉を排除した生徒個人の自己責任による独立した自己決定を徹底する。 新しいタイプの実験高校としては、無学年制や定時単位制だけでなく、それまで受け入れ先がなかった他高校中退者向の救済機関としての学校としても設立された経緯があり、そのことによる幅広い年齢層は、現在まで学校の伝統として続いている。 普通科と情報科の2学科の定時制は月曜から金曜までの平日、通信制のスクーリングは土曜日に行われ、これらの授業とは別に、一般向けの生涯学習講座も土曜と日曜に開講されている。

API提供:SimpleAPI:WikipediaAPI